オーディオ取り付け準備1

そろそろラジオが聞きたくなってきた。

というわけで、のんびり作業をしていきます。



20170624a.jpg

リアスピーカーボードから作成を始めます。
別のもので新しく作成しようと思いますので、まずは既設ボードの採寸から。




20170624b.jpg

まずはシートを外さないと。




20170624c.jpg

座面をずらします。
なにやらヒモのようなもので、ボディとつながっている模様。




20170624d.jpg

2本とも、ドライバーで外します。
どうやら背もたれと共締めしてある様子。




20170624e.jpg

外れました。




20170624f.jpg

背もたれは、本来トランク内、上部のパネル側からビス止め(2か所)してあるようなのですが、
私のはビス止めしてありませんでした。ビス穴はあったけど。

なので、ここは単純に上に持ち上げるだけ。らしい。




20170624g.jpg

取れました。
ボディから突き出た鉄板に引っかけてあるだけなんですね・・・。




20170624h.jpg

少し大きめの穴が開いてます。
スピーカー配線はここを通せということかな?




20170624i.jpg

こちら側も同じく。




20170624j.jpg

ボディの様子。




20170624k.jpg

スピーカーボードの背もたれ側、小さな切り欠きがあります。
これは先に述べた、背もたれ固定ビス用のスペースっぽいです。




20170624l.jpg

あ。コイツがいたんだった。
Britaxのシートベルト固定用に追加でつけてもらったアイボルト。




20170624m.jpg

トランク内から外す。




20170624n.jpg

外れました。




20170624o.jpg

スピーカボードを剥がすとこんな感じ。




20170624p.jpg

スピーカー無いのにスピーカーボードってのも変だな。
リアシェルフだから、リアシェルフボードって言うんだろうな。




20170624q.jpg

ん?よく見たら、これしか穴ないのか。

※ここで色々調査をしてみると、どうやらミニ1000はスピーカー用の穴がないそうで。オンボのみとの事。

というか、この穴は一体なんのために開いているのか・・・。




20170624r.jpg

リアガラスのウェザーストリップ劣化による浸水を確認。
やっぱコーキングじゃもたなかったか。

まぁ数週間前、トランク内浸水を久々に確認したから、ここまできてるとは思ったが。




20170624s.jpg

厚紙と思ってたけど、ベニヤ板でした。

まぁ近くのホームセンターに2.5mmのMDFボードなかったし、ベニヤでいいか。

またヒマな時に採寸しておきますか。





・・・あれ。オンボってことは・・・

別にボード作成しなくてもよくね?

あ。けど、配線は中通さんといかんのか。

つーことは、作成するボードは
①配線用の穴をあける
②スピーカーを固定する台の加工または取り付け穴をあける

ということで。





参考情報:
ミニクーパー用リアシートに脱着交換」(ミニ乗りの堕話)
ローバーミニ1000とインジェクション ミニクーパーとオーディオの違い」(ミニ乗りの堕話)








スポンサーサイト

車高調整ほか

クラッチ切れない件のおかげで、すっかり忘れてました。



20170619a.jpg
フロントが少し下がってきてたので、調整しておきました。

ナット1回転分くらいでしょうか。ちょっと上げすぎな感もありましたが、これでもまだやや下がり気味。

けどあんまり上げすぎると、以前のように(参照1参照2)片減りするんで今回はこの辺で。




20170619b.jpg
ついでにタイヤもアルミからスチールに履き替え。

またしばらくコイツは休眠させます。

・・・単純にタイヤ交換のために応急的に履かせただけだしなぁ。




20170619c.jpg
んで。実は本日のメイン。

ようやく買いましたよ・・・コレ。

何に使うかというと・・・




20170619d.jpg

ここにステアリングがあるじゃろ。

これを




20170619e.jpg

こうして




20170619f.jpg

コイツを

※差し込み角1/2”、ソケットサイズ1-5/16インチ。




20170619g.jpg

こうぢゃ( ^ω^ )




20170619h.jpg

あとはコレを

※差し込み角を3/8” → 1/2” へ変換するアダプタ。




20170619i.jpg

このように差し、




20170619j.jpg

このラチェットを

※差し込み角3/8”




20170619k.jpg

差し込むだけ。




20170619l.jpg

すると、最近使わなくなったコイツが使える。

※なんとコレ、ウインカーのオートリターンが付いてます・・・ただの突起物にしか見えないけど。









その前にラチェットハンドルくらい1/2のヤツ買えよって話ですが。

そんなトルクかけるとこでもないから、とりあえずこのやり方で行ってみようかな。

まぁいつやるかは相変わらず未定ですが。

そのうち・・・気が向いたらね。





クラッチ周りの修理再び


先日、再びクラッチが切れなくなり、修理に出しておりました。

尚、今回使わせてもらった代車、ミニでございました。

自分のミニ以外のミニを運転するのは初めてではありましたが、なかなか楽しかったです。

1300ccのインジェクション、クーラー付き。




んで。

本日修理が終わったとのことで引き取りに行きました。


内容的にはこんな感じで。


・クラッチ修理・・・¥44,000-
※レリーズベアリングとクラッチカバーの取り替えっぽい。

その他
・ステディロッドブッシュ交換・・・¥9,000-
・ドライブシャフトブーツ(右)交換・・・¥15,000-
・ハブカラー・・・¥1,200-
・割ピン・・・¥200-
・ブレーキオイル・・・¥2,000-






とりあえずクラッチ切れるようになって一安心。
もう大丈夫だよな・・・。


そんなことより、1週間違うミニに乗ってたせいで、「あれ?こんなんだっけ?」と、自分のミニの運転感覚がしばらく掴めず。

よっぽど良かったのだろうか・・・インジェクション。


あ、そろそろスピーカーやオーディオデッキの取り付けに着手したいなと思っております。
思い出したときに暇だったら少しずつやろうかと思います。



さて、エンストの原因は一体...

実は昨日、仕事帰りにエンストしてました(^^;

若干上り坂のようになっている道だったからか、対向車の方が降りて一緒に車押してくれました。
ありがとうございました。

コンビニの駐車場でプラグコードを抜いたり挿したり。3番と4番のコード先端がいまいちよろしくないような、問題ないような。
そんなことをしている間、約5分。ようやくエンジン始動。
帰宅後、3番と4番のプラグコードを取り替えて様子を見ることとした。
まぁ1本替えるなら他も全部一緒に替えといた方がいいわな。



で。本日。
信号待ち時、またしてもストン、とエンスト。
タコメーターをONにしていたのですが、0の表示。
確かイグニッションコイルのマイナス側から信号取り出してたっけ。
ひとまずキーを回してみると、すんなりエンジン始動。

もしやコイルか?
けど2014年の引っ越し時、フラジルさんトコで替えてもらったばかりだよなぁ。
一応ネットで点検方法を検索してやってみた。

20170602a.jpg
二次コイル抵抗を測定。
これ合ってんのかな。というかそもそもコイルの仕様が分からんぞ。



20170602b.jpg
(+)側電圧測定。12Vくらいを指示しているようだ。※写真では11.5Vですが(^^;



20170602c.jpg
(-)側電圧測定。んー?



20170602d.jpg
測定方法が違うのかな?ここも12V程度必要だとか何とかあった気がしたが。




コイルはひとまず新品(だったもの)に取り替えてみるとして・・・


20170602e.jpg
左が新品(一応)、右が取り外したもの。
ギャップが広がってきてるっぽい。 

真っ黒なのは、アイドリング直後のため。



20170602f.jpg
念のため、(雨水にうたれた)新品に替えておくか。←普通使わんだろ。



カメラの電池が切れたため、写真はここまでですが、このあとコイルとプラグ替えました。


すると、エンジン始動しないでやんの・・・。


はて、やはり新品とはいえ雨水の影響を受けていたコイルではダメだったのか?
と思い、もともとついてたコイルへ戻したところ、エンジン始動した。
作業を終えるためコイルの固定ボルトを増し締めしている際、マイナス側につながってた青い線、平型端子から抜けちゃった。

おかしいな・・・カシメてあったハズなんだが。
相当古い線なんだろうな。一応もう一度カシメておきました。

ん?てことは新品(だった)コイル、もしかしたら使えたのかも。
場合によっては、マイナス側のケーブルが接触不良を起こしてエンストしていた可能性もあるってことになるよな。
てかそもそもあの線、何の線やろ?←おい


こりゃしばらく様子見だわ。分からん。




参考情報:
・「AE86に永く乗りましょう」より、イグニッションシステム点検記事ほか
・「実践!整備事例一覧」より、点火系の実践的な点検方法 パートI(トヨタ車)記事




クラッチレリーズシリンダー取替


だいぶ待ちましたが、昨日レッカーでミニ屋さんへ修理に出しました。

来週くらいかなぁと考えていたところ、今日さっそく連絡あり、修理終わったとの事。

はやい・・・。1日じゃ無理って聞いてたけど。



20170528a.jpg
というわけで。



20170528b.jpg
ステンメッシュホースに取り替え。
メンテナンス性も向上。



20170528c.jpg
心なしか、大きくなったような気が・・・
まぁ気のせいでしょう。





マスターシリンダーはまだ問題ないそうなので、今回はレリーズシリンダー取り替えのみとなります。

内訳:
強化型クラッチレリーズ交換 \20,000-
メッシュホース \5,000-
オイル \2,000-

計 \27,000-
税込み \29,160-



想定の範囲内でおさまったので良かった。

20170528d.jpg
とりあえず、マスターシリンダーがダメになったら自分でやるということにしておきますか。

せっかく工具も買いましたし。






ようこそ
プロフィール

でるた

Author:でるた
初度登録1983年8月
BL MINI HL(1000cc)
2013.1.10よりMINIオーナー
ODO開始指針53000mile~

○Twitter:@deruta0214
みんカラ愛車紹介

○主治医:British mini(熊本市)
○購入元:ミニ屋Aiフラジル

にほんブログ村
|゚Д゚)ノ 参加してます!
ブログ村ミニ記事
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
↓スクロールします↓
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR