オーディオ取り付け構築2

●過去記事

準備1
準備2
準備3

製作1
製作2
製作3

構築1




完成しました。


20170814a.jpg

今回デッキの固定に使う金具がこちら。





20170814b.jpg

やはり標準的な取り付け穴しかありませんね。

...そりゃそうか。





20170814c.jpg

ひとまずこの方法で合うかどうか確認しましょう。





20170814d.jpg

どれどれ...





20170814e.jpg

170mmか。





20170814f.jpg

こうしなくてはならんようだな。

多少取り付けが面倒なだけだし、構わん。





20170814g.jpg

付きました。





20170814h.jpg

上から見るとこんな感じ。





20170814i.jpg

エンジンルーム内ヒューズボックスから電源を取ります。

下から2番目、黄色いコードが2本出ております。
これがアクセサリ電源。なお2本のうち1本はタコメーター&謎のセンサーにつながっております。

下から3番目、つまり上から2番目からはバッテリー(+)電源。





20170814j.jpg

色が同じってのが嫌なトコですが、アクセサリ電源とバッテリー(+)電源を室内に引き込みました。





20170814k.jpg

続きましてスピーカーの固定です。

妙な固定方法を選択したもので、次回から何か工夫をしたいなと思ってる次第。





20170814l.jpg

裏から見るとこんな感じ。
各スピーカー、2本のビスで固定しました。





20170814m.jpg

電源2本、アース、スピーカー2系統を接続。
ラジオは・・・まぁそのうちね。





20170814n.jpg

動作テスト。

バッチリ。





20170814o.jpg

音はお伝えできませんが、少なくとも今まで使ってたスピーカーよりマシ。





20170814p.jpg

ソニータイマーが発動する前に、卒業。

いままでありがとう。たぶんもう使わない。←

まぁ使うとしたら、家用のドックに挿して使うんだろうけど、
そのたびにいちいちiPod外して持ち込むのも面倒なんだよな。





スポンサーサイト

ドアチェックアーム取り替え

20170806a.jpg

予備のコイル、ハイテンションコードを購入するついでに、
ドアチェックアームも購入しておりました。





20170806b.jpg

うーん。
これで数千円か。





20170806c.jpg

問題のやつ。
助手席側。





20170806d.jpg

周辺を剥がします。





20170806e.jpg

どうやらこのピンだけで繋がっている模様。

にしても、この車、昔の色がところどころ出てくるな。
まぁそこそこ年数も経ってるから仕方ないか。

さて、割ピンを外すか・・・。





20170806f.jpg

足元に工具が落ちていた。←





20170806g.jpg

ピンを外す。





20170806h.jpg

うーむ。
言葉にならない。





20170806i.jpg

新品。





20170806j.jpg

なるほど。
この細長い穴をとおすのか。





20170806k.jpg

とおりました。





20170806l.jpg

割ピンもしっかりはめる。





20170806m.jpg

ドアがきちんと止まることを確認する。





20170806n.jpg

元に戻す。

これゴムの部分も替えた方が良かったな。

そのうちやろう。←





20170806o.jpg

うーん。
塗装した方が良いのか・・・。
どうだろう。





参考情報:
ドアチェックアーム (オートパレス通販)


ピンとシールもついでに買っておくべきだったか。

この2つを買ったとして・・・割ピンはどうやって手に入れればいいのだろうか・・・。


オーディオ取り付け構築1

●過去記事

準備1
準備2
準備3

製作1
製作2
製作3


いよいよ構築編。

まずはスピーカー~オーディオデッキ間の配線。

個人的には山場。


20170730a.jpg

まずはリアシートを外します。





20170730b.jpg

ついでに助手席も取外し。

※今回初めて自分で取り外した。





20170730c.jpg

右と左で計2本通します。

あとから識別できるようにマーキング。





20170730d.jpg

ここだけカーペット剥がすの大変そうだったので、

呼び線を入れます。

今回私は、余っていた火報線を使いました。←





20170730e.jpg

通す線を呼び線にくっつけます。

段差が大きくできないよう、かつ簡単に引っこ抜けないよう固定しましょう。





20170730f.jpg

カーペットを抜けたら、あとはずっと後ろまで引っ張るだけ。





20170730g.jpg

はい。1本完了。





20170730h.jpg

デッキ側にも同じマーキング。
これで間違うことはないでしょう。

まぁ左右間違ったところでっていう。





20170730i.jpg

2本目は、1本目に通したケーブルでやりとりします。





20170730j.jpg

個人的にコレ、行って来いさせるとか呼んでますが。

電線布設の際、ときどき使う手法。

1本目をもとの位置に戻すのを忘れないように。





20170730k.jpg

別の穴を通しました。

頑張れば手前の穴も別のものを使えましたが・・・

まぁいいでしょう。





20170730l.jpg

別に同じ長さにしなくてもいいけど。

というか両方とも長すぎ。





20170730m.jpg

ケーブルを留めるのに使います。





20170730n.jpg

こんな感じで。

留め具を使えば、ここの穴に2本も通さなくていいんだけど。

めんどくさい。





20170730o.jpg

あとはカーペット等をもとに戻すだけ。





20170730p.jpg

トランク内も配線固定。

やっぱ長いわ。





20170730q.jpg

吊り下げ式クーラーが付いていたと思われる箇所。

ここにデッキをブラ下げよう。

L金具で良さそう。




今のところ、ここまで完了してます。

盆休みにでも続きをやろうかと思います。





まぁしかしあれだ。

ボディの貫通穴に電線を裸のまま通すってのは抵抗ありますわ。

保護管突っ込みたい。





オーディオ取り付け製作3

●過去記事
準備1
準備2
準備3
製作1
製作2




さて。どこまでいったんだったか・・・。





20170723a.jpg

今回は塗装です。

まずはマスキング。

かなり雑ですが。

※一応スピーカーユニットを仮に置いて、正確な位置にビスの下穴(3.4mm)を開けております。





20170723b.jpg

下塗り2回、上塗り2回。





20170723c.jpg

スピーカーユニットを取り付けます。





20170723d.jpg

はい、完成。

プロトタイプと名付けよう。(そのまんまやん)

左のスピーカーボックス、左上に塗りムラがあります。
塗り2回目のあと、局所的に吹き付けてしまったせいです。
塗るときはまんべんなく塗るようにしないとね。






オーディオ取り付け製作2

●過去記事
準備1
準備2
準備3
製作1


記事並んでるから別に上のようなの入れなくてもいいんだろうけど。


では早速。


20170717a.jpg

驚くほどくっつかない。
というのはフライパンのようです。

コニシの木工用ボンドは驚くほどでもないけど、くっつきます。





20170717b.jpg

隙間も一応ボンドたっぷり。

コーキングでも良さそうな気もする。

あいつはなんでもガッチリくっつけちまうからな・・・





20170717c.jpg

続きまして、ワッフルだかバッフルだかよくわかりませんが、

スピーカーが入る穴を開けていきます。・・・バッフルボードじゃなくて、これじゃただの穴か。

ついでにバスレフダクトの穴も。

あとから思いましたが、ダクトは丸い方が作りやすそう。





20170717d.jpg

ようやく自由錐の出番です。

キリというよりドリルなんですが・・・。

撮影のため足を使ってますが、通常は手で押さえます。

石膏ボード用に透明なボウルみたいな粉塵防止用の物体を買っておきたいですね。

もしかしたら仕事で使う可能性も無きにしも非ず。





20170717e.jpg

切ってる最後、分離するときが一番気を付けないといけないようです。

MDFボードは厚紙みたいなものなので、力を入れすぎると残しておきたい部分が一部剥がれるように破損してしまうようです。





20170717f.jpg

ダクトを接着。

※ダクト穴の開口は写真を撮り忘れましたが・・・
木工用ドリルで対角2つ穴を開口。そこから手ノコでギコギコやる。それだけ。
ぶっちゃけ円の方が、自由錐で輪切り量産したものをくっつければいいのでラクだったかも。9mm厚だから7枚ずつ必要になるけど。・・・てかダクト長さ66mmも要らんよな。





20170717g.jpg

ボディに開いていた謎の穴を利用してトランク内に配線予定なので、

その辺りに3.4mmの穴を2個ずつ開口。

配線を1本ずつ通してます。

音漏れとかってのは、ぶっちゃけミニには関係なさそうなので、通しただけです。

気になるようならボンドやセメダインで埋めてしまおうか。


尚、P800Kの端子もそうですが、スピーカーはほとんど平型端子と思われます。

平型以外を見たことないですけど。

平型にも、一般的に使われているもので大・中・小があります。またはL・M・S。
※大(L):250型、中(M):187型、小(S):110型

規格がたくさんあるようですが、車用は主にこの三種類でしょうか。

今回は”中”の平型端子メスを、気持ち程度広げて使います。

なんかキツくて入らなかったんですよね。

やっぱオーディオ用じゃないとアカンのかね。

ちなみに大だと大きすぎてガバガバ。


・・・一体なんの話をしているんだ。←




あとはこれを接着して塗装するだけか。





※すでに塗装・スピーカーユニット取り付けまで済んでますが、また今度。






ようこそ
プロフィール

でるた

Author:でるた
初度登録1983年8月
BL MINI HL(1000cc)
2013.1.10よりMINIオーナー
ODO開始指針53000mile~

○Twitter:@deruta0214
みんカラ愛車紹介

○主治医:British mini(熊本市)
○購入元:ミニ屋Aiフラジル

にほんブログ村
|゚Д゚)ノ 参加してます!
ブログ村ミニ記事
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
↓スクロールします↓
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR